最近よく聞く家族葬とは?

初めての葬儀の疑問にお答えします

New Topics

About Me

家族の葬儀の喪主や施主になることは一生の間にそう何度もあることではありません。喪主をするほとんどの人は初めての経験のはずです。亡くなった家族をどこに安置して、どのようにどんな葬儀で送り出せばいいのか?全く見当もつかないことと思います。こんな時は信頼できる葬儀社の方に相談することができれば、すべて解決します。でも、なかなか事前に葬儀社を知っている人も少ないので、ごく基本的な情報をこのサイトでご紹介いたします。葬儀社を見つけるまでの間の繋ぎとしてご活用ください。

家族葬とはどういったものですか?

お葬式には色々な形式や種類があります。最近よく聞くのが「家族葬」という言葉です。家族葬というぐらいだから家族だけで行うお葬式の事なのかと思う方も多いかと思います。しかし家族葬とは家族、親族、親しい友人だけで取り行う葬儀の事をいいます。ご家族を中心としたお葬式という意味がありますのでご家族で参列者を選び、人数決めることが出来ます。家族葬は「密葬」とも呼ばれていますが、密葬は親族だけでお葬式を行い、火葬をした後に改めてお別れ会などを行っていました。1990年代に入り家族葬と呼ばれるお葬式が登場しました。

家族葬は、近隣の方々や勤務先の関係者などの一般の参列をお断りする事で心遣いは必要ありません。故人と生前親しくお付き合いしていただいた方だけで最後の別れをゆっくりと惜しむ事ができ、弔問や挨拶などに時間を取られることがありません。また、参列者の人数を家族で決めるため、少人数で行うことが出来ます。大きな会場を借りなくてもよく、会場費をおさえることが出来ます。また、司会などを含めた多くの運営スタッフは必要ありません。人数が少なければお通夜や告別式後の食事代や返礼品の費用も抑えることが出来るのです。

しかし家族葬では、参列者を家族で決めることで葬儀に呼ばなかった方から「葬儀に参列したかった」「亡くなったことをどうして教えてくれなかったのか」などと言われてしまう場合があります。知り合いであれば「家族葬だったのでお呼びする事ができなかった」とお伝えすればいいかもしれませんが、今後お付き合いのある親族には必ず確認をしなくてはなりません。10名程度でお葬式を行う場合には、家族やニ親等までの範囲での招待、30人程のお葬式の場合には三親等までの親族などと決めていきましょう。

家族葬の場合には、ご近所の方や会社関係者などの参列者をお断りしなければなりません。せっかく来て下さった方に帰っていただくのは失礼になってしまいますから、あらかじめ家族葬であることをお伝えします。また、香典や弔電をお断りする場合にも明確にお伝えしましょう。お通夜を行わない場合もあるかと思いますのでそれも重ねてお伝えしましょう。

家族葬とは言え、参列していただいた方には会葬返礼品を用意しましょう。家族のみでお葬式を行う場合は必要ないかと思います。しかし会葬返礼品は故人に代わり感謝の気持ちを表すものですので必ずお渡ししましょう。

参考記事:弔電マナーについて/家族葬ってどんな葬儀?家族葬の場合の7つのマナーと知識
URL:http://you-know-m.com/kazokusou7-111

  

特によくある疑問

  • 自宅に安置する場合に注意することはありますか? 自宅に安置する場合に注意することはありますか? 故人を自宅に安置する場合は、4畳以上の個室に故人用の布団を用意して北枕か西枕で寝かせます。低温に保つためエアコンがある部屋がいいですが、ない場合はドライアイスで管理します。最近では常時線香を焚くことはないようですが、弔問客が焼香できるように枕元に簡易の祭壇を設けます。
  • どこまでの関係者に知らせれば良い? どこまでの関係者に知らせれば良い? 家族が亡くなったとき、どこまでの関係者に知らせれば良いのでしょうか?親族は3親等以内を目安に、それに加えて特に親しかった親族にも連絡をします。会社関係は総務や同僚などを通じて連絡を依頼します。友人は故人が一番親しかった人に知らせて他の友人への連絡をお願いします。それでも友人の範囲がわからない場合は年賀状などを確認して連絡を取るようにします。