初めてのお葬式の対応方法

初めての葬儀の疑問にお答えします

New Topics

About Me

家族の葬儀の喪主や施主になることは一生の間にそう何度もあることではありません。喪主をするほとんどの人は初めての経験のはずです。亡くなった家族をどこに安置して、どのようにどんな葬儀で送り出せばいいのか?全く見当もつかないことと思います。こんな時は信頼できる葬儀社の方に相談することができれば、すべて解決します。でも、なかなか事前に葬儀社を知っている人も少ないので、ごく基本的な情報をこのサイトでご紹介いたします。葬儀社を見つけるまでの間の繋ぎとしてご活用ください。

総合的なお葬式の疑問

お葬式に参列したことのある方は大勢いるかと思います。しかし自分が実際にお葬式を執り行う場合には分からないことだらけなのではないでしょうか。最近ではお葬式も多種多様化してきました。1990年代からは家族葬と呼ばれるお葬式が登場したことから、高額な葬儀費用をかけなくても家族や親戚、親しい友人などに来て頂き、葬儀を行うことも出来るようになったのです。高齢化が進んでいることから、故人に身寄りがなく葬儀を行う人がいないことも増えてきました。そんな時には亡くなった場所の自治体が葬儀、火葬を行っています。

葬儀にはどれくらいお金がかかりますか?

葬儀を行う時に気になるのは葬儀費用ではないでしょうか。日本での葬儀費用の平均は200万円と言われています。しかし葬儀にもさまざまな形があります。これが平均だからといって、必ず200万円かかる葬儀を行わなければならない訳ではありません。故人や残されたご家族が「どのような葬儀にしたいか」でその金額も変わってきます。実際に葬儀を執り行う時にどんなものにお金がかかるのかこれから詳しく説明して行きたいと思います。more

葬儀にはどれくらいお金がかかりますか?

家族葬とはどういったものですか?

最近は家族葬でのお葬式が多くなっていますが、家族葬とはどういったお葬式なのか分からない人も多いのではないでしょうか。家族葬という文字だけを見ると、家族だけ(密葬)と思いがちですが、家族が中心となり行うお葬式の事を家族葬と呼んでいます。親戚や親しい友人だけでゆっくりと故人をお送りすることのできる家族葬ですが、気をつけなければいけないこともあります。家族葬のメリット・デメリットのついて、これから詳しく説明していきたいと思います。more

家族葬とはどういったものですか?

故人に身寄りがない場合、葬儀はどうなりますか

葬儀は残された家族が行いますが、家族や親戚といった身寄りがない人が亡くなった場合、葬儀どのようにおこなえばいいのでしょう。最近は高齢化が進んでいますが、高齢者の中にもご家族が全員先立ってしまい身寄りがいなくなってしまった人もいらっしゃいます。そんな場合、亡くなった後の葬儀は誰がおこなってくれるのでしょうか。身寄りのない方が亡くなった場合には、故人が亡くなった場所に自治体が葬儀を行ってくれますが、どのように葬儀をおこない、お骨を埋葬するのでしょう。身寄りがない方の葬儀をこれから詳しく説明していきたいと思います。more

故人に身寄りがない場合、葬儀はどうなりますか

特によくある疑問

  • 自宅に安置する場合に注意することはありますか? 自宅に安置する場合に注意することはありますか? 故人を自宅に安置する場合は、4畳以上の個室に故人用の布団を用意して北枕か西枕で寝かせます。低温に保つためエアコンがある部屋がいいですが、ない場合はドライアイスで管理します。最近では常時線香を焚くことはないようですが、弔問客が焼香できるように枕元に簡易の祭壇を設けます。
  • どこまでの関係者に知らせれば良い? どこまでの関係者に知らせれば良い? 家族が亡くなったとき、どこまでの関係者に知らせれば良いのでしょうか?親族は3親等以内を目安に、それに加えて特に親しかった親族にも連絡をします。会社関係は総務や同僚などを通じて連絡を依頼します。友人は故人が一番親しかった人に知らせて他の友人への連絡をお願いします。それでも友人の範囲がわからない場合は年賀状などを確認して連絡を取るようにします。