故人を安置する場所を決めましょう

初めての葬儀の疑問にお答えします

New Topics

About Me

家族の葬儀の喪主や施主になることは一生の間にそう何度もあることではありません。喪主をするほとんどの人は初めての経験のはずです。亡くなった家族をどこに安置して、どのようにどんな葬儀で送り出せばいいのか?全く見当もつかないことと思います。こんな時は信頼できる葬儀社の方に相談することができれば、すべて解決します。でも、なかなか事前に葬儀社を知っている人も少ないので、ごく基本的な情報をこのサイトでご紹介いたします。葬儀社を見つけるまでの間の繋ぎとしてご活用ください。

自宅以外で故人を安置することは可能ですか?

ご家族が病院で亡くなった場合には、一度霊安室へ運ばれます。その後、ご遺体を安置するためにご自宅へ運びます。しかし最近の住宅事情などによりご自宅へ連れ帰ることが困難な場合があります。その理由として「家が狭い」「マンションに住んでいるため他の住民に迷惑をかけてしまう」「アパートなので遺体の出入りが難しい」など様々な思いがあります。ではそんな時、ご遺体をどこに運べばよいのでしょう。自宅以外に安置する場合、葬儀会社の専門安置所や葬儀会館、寺院、自治体の会館などへお運びすることが多いかと思います。専門安置所へご遺体を安置する場合、一度その葬儀社でお願いしてしまえば、葬儀が終わるまで葬儀社を変えることが出来なくなってしまいます。したがってご遺体の安置は通夜や葬儀をどこで行うかがポイントになって来るのではないでしょうか。たとえば葬儀社の専門安置所で安置をした後に他の葬儀会社のセレモニーホールで葬儀を行う事は出来ません。しかし自宅や寺院へご遺体を運ぶ場合は、ご遺体の搬送だけをお願いすることも出来ます。ご遺体を自分達で運ぶことは出来ますが、医師が書いた死亡診断書や役所で発行される火葬許可書を携行しなければなりません。また、霊安室から早くご遺体を運ばなければいけない場合は、火葬許可書を取りに行く時間もないのではないでしょうか。葬儀社に連絡をすると遺体搬送車を用意してくれます。死亡診断書を持っている人が同乗する事で火葬許可書は必要なくなり、安置後に役所へ取りに行くことも可能です。自分達で遺体を運ぶより安全に、不測の事態があった場合でも対応してもらう事が出来ます。

葬儀斎場で葬儀を行う事を決めたのであれば葬儀会社を決めなくてはなりません。数多くの葬儀会社があるとは思いますが、まずは遺体を安置しなければいけませんので、時間をかけることは出来ないのではないでしょうか。見積もりを出してもらうことももちろん重要ですが、安置施設や斎場の数が少なく希望する場所が全くない場合もあります。ある程度大きな葬儀社であれば、安置施設や斎場の数も多く希望通りの場所が空いていなくても、次の希望を出す事が出来ます。また葬儀を自治会の会館や寺院で行う時も安置することは出来ますが、専門安置所のように空調が整っていませんので、ドライアイスなどでご遺体を冷やさなければなりません。そんな時も葬儀社にお願いすれば定期的にご遺体の様子を見てもらう事が出来ますので安心です。

特によくある疑問

  • 自宅に安置する場合に注意することはありますか? 自宅に安置する場合に注意することはありますか? 故人を自宅に安置する場合は、4畳以上の個室に故人用の布団を用意して北枕か西枕で寝かせます。低温に保つためエアコンがある部屋がいいですが、ない場合はドライアイスで管理します。最近では常時線香を焚くことはないようですが、弔問客が焼香できるように枕元に簡易の祭壇を設けます。
  • どこまでの関係者に知らせれば良い? どこまでの関係者に知らせれば良い? 家族が亡くなったとき、どこまでの関係者に知らせれば良いのでしょうか?親族は3親等以内を目安に、それに加えて特に親しかった親族にも連絡をします。会社関係は総務や同僚などを通じて連絡を依頼します。友人は故人が一番親しかった人に知らせて他の友人への連絡をお願いします。それでも友人の範囲がわからない場合は年賀状などを確認して連絡を取るようにします。