故人の安置についての疑問

初めての葬儀の疑問にお答えします

New Topics

About Me

家族の葬儀の喪主や施主になることは一生の間にそう何度もあることではありません。喪主をするほとんどの人は初めての経験のはずです。亡くなった家族をどこに安置して、どのようにどんな葬儀で送り出せばいいのか?全く見当もつかないことと思います。こんな時は信頼できる葬儀社の方に相談することができれば、すべて解決します。でも、なかなか事前に葬儀社を知っている人も少ないので、ごく基本的な情報をこのサイトでご紹介いたします。葬儀社を見つけるまでの間の繋ぎとしてご活用ください。

安置に関する疑問

病院などで人が亡くなると、通夜・葬儀までの間に故人をどこかに安置しなければなりません。以前はほとんどの方がご自宅で安置していましたが、最近は住宅などの事情により、自宅での安置でなく、専用の安置施設を使用する事が多くなってきました。専用の安置施設は色々な場所にあり、希望の場所が空いていなかったとしても同じような条件の安置施設を使用する事ができます。場所によっては、面会時間が限られている場合もありますが、葬儀場と宿泊施設が一緒になっているような場合もあります。

自宅以外で故人を安置することは可能ですか?

病院などで人が亡くなると医師から死亡診断書をもらい自宅などに一旦安置します。しかし最近は、住宅が狭いなどの理由で自宅に安置しない人が増えてきました。自宅以外で安置できる場所とは、葬儀社の専門安置所や寺院などがあげられますが、いずれもその後に葬儀を行う場所なのではないでしょうか。遺体の移動にはほとんどの場合葬儀社の遺体搬送車を利用します。自宅以外で故人を安置するにはどのような手続きをすればよいのかこれから説明していきたいと思います。 more

自宅以外で故人を安置することは可能ですか?

自宅以外で故人を安置する場合どうすれば良い?

理由があり自宅で故人を安置出来ない場合にはどうすればよいのでしょうか。以前は家族が亡くなると一旦自宅へ連れて帰り安置していましたが、最近では住宅事情などにより自宅での安置ができなくなっています。そんな場合には専用の安置施設などに故人を安置します。施設によっては宿泊施設が一緒になっていたり、故人との面会時間が決まっていたりといった特徴を持っています。安置施設へご遺体を運ぶ時には葬儀社を選ばなければいけません。料金だけでなく、どのような安置施設にしたいのか。葬儀式場はどんなところがいいのかを考えながら、葬儀社を決め安置しましょう。more

自宅以外で故人を安置する場合どうすれば良い?

自宅に安置する場合に注意することはありますか?

ご自宅で安置する場合には注意しなければならないことがあります。ご自宅へ安置する場合、ご遺体をどの部屋へ運べばよいのか分からない場合があります。ご遺体はなるべくエアコンのついている部屋へ運び、季節を問わず20度以下の温度に保たなくてはなりません。また、弔問の方が大勢いらっしゃる場合には来て頂きやすい部屋を選ばなくてはいけません。その他にも委託での安置には注意をしなければいけないことがありますので、これから詳しく説明していきたいと思います。more

自宅に安置する場合に注意することはありますか?

安置している故人の体に触れても大丈夫でしょうか?

故人を安置施設やご自宅などで安置している時、ご家族ならなおさら「故人のお顔に触れたい」と思うのではないでしょうか。生前と同じようにお顔に触れることで故人も喜んでいるかと思います。また、人は亡くなるとお肌の水分が無くなってしまいますので、お顔を触った時には一緒にクリームなどを塗ってあげる事をおすすめします。安置施設の場合面会に時間が限られていますので、会うことのできる時間になった時には故人に対し、ご家族がしてあげたいと思う事をする方がいいかと思います。more

安置している故人の体に触れても大丈夫でしょうか?

特によくある疑問

  • 自宅に安置する場合に注意することはありますか? 自宅に安置する場合に注意することはありますか? 故人を自宅に安置する場合は、4畳以上の個室に故人用の布団を用意して北枕か西枕で寝かせます。低温に保つためエアコンがある部屋がいいですが、ない場合はドライアイスで管理します。最近では常時線香を焚くことはないようですが、弔問客が焼香できるように枕元に簡易の祭壇を設けます。
  • どこまでの関係者に知らせれば良い? どこまでの関係者に知らせれば良い? 家族が亡くなったとき、どこまでの関係者に知らせれば良いのでしょうか?親族は3親等以内を目安に、それに加えて特に親しかった親族にも連絡をします。会社関係は総務や同僚などを通じて連絡を依頼します。友人は故人が一番親しかった人に知らせて他の友人への連絡をお願いします。それでも友人の範囲がわからない場合は年賀状などを確認して連絡を取るようにします。